引越し・ご入居

引越し業者選びは繁忙期に要注意

新居への入居が決まったら、なるべく早めに引越し日を決定します。同時に、引越し会社の手配をしておくこともお勧めします。引越しの1~2カ月前には複数の引越し会社をピックアップし、見積もりをとって、サービス内容や金額を比較検討します。条件を同じにして見積もりをとると比較しやすく、対応の良し悪しも比べやすいでしょう。ご存じの通り、転勤や就職などで引越しがピークになる3月や4月は、引越し日を抑えるのさえ大変なことも。ピーク期は引越し料金も上がるので注意しましょう。

引越し業者を選ぶタイミングで、粗大ゴミの処分の手配をしておくことも忘れずに。自治体によって処分方法が異なるので、早めに確認しておきましょう。

入念な準備、時間に余裕を持って

新しい住まいへの引越しには、さまざまな準備や煩雑な手続きが発生します。引越し直前になって手続きのもれに気づいて大慌て、そんなことがないように、「引越しまでに手続きすること、やるべきこと」を一覧にしたチェックリストを作っておくことをお勧めします。リビングルームなど家族の目の届くところに張り、みんなでチェックしていきましょう。

水道、ガス、電気の移転手続きはもちろん、意外と煩雑なのが子どもの転校手続き。自治体や学校によって異なるため、複数のお子さんがいるご家庭は、それぞれの学校に事前確認が必要です。時間に余裕を持って、ひとつずつクリアしていきたいものです。

引越し後の各種手続きも、効率的に

引越し後、すぐに手続きするのが転入届です。印鑑と転出届を持って、新しい住まいの役所で手続きをします。その際、住民票を発行してもらうと、免許証、金融機関の貯金口座、生命保険の住所変更手続きに使えて便利です。免許証の住所変更は、新住所の住民票と印鑑、運転免許証を持って最寄りの警察署や運転免許センターで行います。

意外と忘れがちなのがペットの登録手続き。印鑑、鑑札、予防注射済書を持って、新しい住まいの市町村役場または保健所で愛犬の登録をします。

住民登録

以前住んでいた市町村役場が発行する転出証明書を持参し、新しい住まいの市町村役場に転入届を出して住民登録をします。印鑑や本人確認書類など、自治体によって必要なものが異なる場合もあります。各自治体の窓口やホームページで確認してください。

印鑑登録

新しい住まいの市町村役場の窓口で、登録する印鑑と、運手免許証などの本人確認書類を持参して手続きします。自治体によって必要なものが異なる場合もあります。各自治体の窓口やホームページで確認してください。

水道

引越しの1週間ほど前に、各自治体の水道局に使用開始の手続きを行います。自治体によって手続きの方法が異なります。各自治体の窓口やホームページで確認してください。夜間も利用可能なインターネットで申し込みができる自治体もあります。

ガス

ガスの利用停止・利用開始にあたっては、ガス会社のホームページや電話で申し込みができます。ガスの開栓の際は、ガス会社から委託を受けた係員が訪問し、ガス漏れ検査や点火確認などの作業を行います。立ち会いの必要な場合があります。

電気

電気の利用停止・利用開始にあたっては、電力会社のホームページや電話で申し込みができます。「50/60Hz」と表示されていない電気器具は、周波数が変わると使えなくなったり故障する場合もあるため注意が必要です。

気持ちよく、新生活をスタートするために

引越しで出たゴミは、いつ、どこで回収されるのかを事前に確認し、それに従ってゴミの出し方を考えます。

近隣へのあいさつも、できれば引越し当日か翌日、引越しからなるべく日を空けずに行いたいもの。マンションの場合は、両隣と上下のお部屋に、戸建て住宅の場合は、両隣とお向かい3軒、裏手の住宅にもあいさつするのが目安です。あいさつの際の手土産は、菓子類や洗剤など、いわゆるリーズナブルな“消え物がお勧めです。ご近所へのあいさつで、気持ちよい新生活のスタートを切りましょう。